2013年5月16日木曜日

信託財産責任負担債務と限定責任信託(信託実務3級)

以前「限定責任信託と責任財産限定特約の関係」と題してブログを書きましたが、今回はそれに微妙に関連する内容です。具体的には信託財産責任負担債務についてのお話です。自分で書きながら頭がふらふらしてきます。長い漢字は覚えにくい(汗) 説明は後述することにして、とりあえず簡単に並べてみましょう。

信託財産責任負担債務 ⇒ 信託された財産がまずは負担すべき債務

限定責任信託 ⇒ 信託された財産に関する債務は、信託された財産だけが負担する約束

つまり、信託財産責任負担債務は、信託法で定められた信託の債務です。それに対して、限定責任信託というのは、信託に関する契約の一種です。ここで押さえておくべきことは、繰り返しになりますが、いったい誰が(何が)債務に対して責任を負うのかということです。

信託財産責任負担債務は「受託者が信託財産に属する財産をもって履行する責任を負う債務(信託法第2条9項)」と定められ、信託法第21条で詳細が説明されています。その第1項では基本的には信託財産が債務に対して責任を持つものを示し、第2項では信託財産だけが債務に対して責任を持つものを示しています。

第1項に挙げられたものは「受益債権(1号)」「信託財産に属する財産について信託前の原因によって生じた権利(2号)」なんかがありますが、個人的に驚いたのは「受託者が信託事務を処理するについてした不法行為によって生じた権利(8号)」のところ。要するに預けたお金で勝手に悪さされたら、そのお金で債務が払われるということ。不法行為ですから別口で費用請求出来ると思いますが、とりあえずの責任は信託財産が負うというわけです。

第1項では基本的に信託財産に責任がありますが、実際問題として信託財産が足りなくなるというケースが考えられます。そんな場合、もし何の特約も結んでいなかったりすると受託者自身の固有財産まで債務に対して責任を負うはめになります。なのでやはり受託者が身を守るには限定責任信託や責任財産限定特約なんかが必要になってくるわけです。



ちょっとメモ書き。信託法における受益債権がよく分かりません^^;。信託法第21条の第1項と第2項の両方に「受益債権」と書かれています。上述の通り、第1項は信託財産がまず責任を負い、第2項は信託財産のみが責任を負うとされています。もし受益債権を第2項に適用するなら、第1項の記述は不要なんじゃないでしょうか。ちなみに信託実務3級の問題集では第2項の扱いになっており、「受託者が受益者に対して負う受益債権にかかる給付債務」は信託財産のみが責任を負うとされています。第1項と第2項とで受益債権に違いがあるのだろうと思いますが、その違いがいったい何なのか……。もしご存知の方がいればご教示ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。