2014年2月25日火曜日

シングルプラン、パーシャルプラン、修正パーシャルプランの違い

シングルプランパーシャルプラン修正パーシャルプラン。どれがどれやら、何が何やらで混乱しがちですね。工業簿記では超が付くほど頻出の分野ですが、分かりやすい解説ってあまり無い気がします。ブログや質問サイトの説明を読んでも、なかなか頭に入ってきません。まあ、僕の理解力が低いからだと言われればそれまでなんですが(^^; しかし、そう感じる人は僕だけではないと信じ、分かりやすく違いを説明する記事を目指してみます。

というわけで、いきなり画像です。と言うか、これが全てです。中の勘定とか数字とかも最初は気にしなくても構いません。大事なのは色を塗っているところ。黄色の部分です。要は予定(標準)と実績にどの程度の差があるのか。それをいったいどこで判断するのかというところ。大事なのはそこだけなのです。

いちおう説明すると、シングルプランでは「原価」の部分で差分を把握しています。材料を仕入れたらすぐに差分をチェック。その他費用が発生したら、それも都度チェック。それがシングルプランです。しかし少量ならまだしも、大量生産の世界になってくると、そんないちいちチェックしてられません。面倒です。そこで考えられたのがパーシャルプランです。

パーシャルプランではいちいち差分をチェックしたりしません。最終的に完成品がどれだけ出来て、仕掛品がどれだけ残っているのか。そのタイミングで、じゃあ差分はどのくらいあったのかを見るのです。なのでシングルプランに比べて、実務的に楽になります。しかしそれはそれで、「終盤まで差分が分からないって、どうなの?」という人が現れます。何故かと言うと、材料費なんかは価格が変動するものなので、先入先出法にせよ移動平均法にせよ、何かしらのルールで計算しないといけません。それを最後まで放置してると、それはそれで大変なのです。なので微妙にシングルプランちっくなところを付け足したパーシャルプラン、修正パーシャルプランを編み出します。

修正パーシャルプランでは、材料や賃金といった管理者にとってコントロールしにくいものの差分を最初に出してしまいます。 このへんはシングルプランと同じで、事務作業はやっぱり増えます。ただ間接費を抜き出しているのには理由があります。工業簿記ってのは結局のところ、工場管理者の成績表みたいなもんです。どれだけしっかり働けているのかを見て、お給料を適切に支払うための管理会計です。その点において、材料購入費とか人件費なんかは成績に反映しづらい項目です。材料費が高騰するとか、人件費が上がるとか、なかなか管理者の責任には出来ません。その点、間接費については管理者がコントロールしやすい費用だと言えます。なので先に材料費や人件費で生じる差分を処理してしまって、後から間接費の差分を計算してあげる。こうした工夫が修正パーシャルプランのポイントと言えるわけです。

まあ、なんか長々と語ってしまいましたが、そんな難しく考えず「シングル、パーシャル、修正パーシャル、左、右、両方!」と呪文を唱えて覚えましょう(笑)

追記
修正パーシャルプランの場合、(予)材料費と (予)労務費は、厳密には「標準価格×実際消費量」となります。なのでシングルプランとイコールにはなりません。上記は分かりやすさ重視で、細かいところははしょっています。それで逆に分かりにくくなってるかも、とちょっと心配になり、こうして追記とかしちゃってます^^;

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。